文部科学省『大学による地方創生人材育成教育プログラム構築事業』

地域基幹産業を再定義・創新する
人材創出プログラム
「ENGINE」

ENGINEとはConcept

金沢大学が展開するENGINEプログラムは、
リテラシー強化、キャリア形成、実践力強化の3つのフェーズを
重視した地方創生人材教育プログラムです。
地域の発展に取り組む企業との連携を重視した地域課題の実践的体験的学修を通して、
地域社会との関わりながら課題解決力を磨き、
希望ある未来社会を描くことができるグローバルマインドを持った人材を育成します。
また、信州大学と富山大学とのネットワークを活用し、
特定の地域にとらわれない発想と繋がる力を鍛えます。

3つ

  • データ・オリエンテッド&ハート・ドリブン型
    地域マネジメント力

  • 時代の変化を
    しなやかに捉え
    社会に関わり続ける力

  • 未来社会を
    見据えた創造性
    溢れる突破力

ENGINEプログラムでは、地域・人を中心とする「データ・オリエンテッド」な思考力と、「ハート・ドリブン」な連携力・突破力を、次代を創出する人材に必要なコア・リテラシーに位置づけ、その上で、変化への対応力・突破力の在るトップ・リーダー人材を育成をめざします。このために、産・学・官・金・言・民で『円陣 -ENGINE-』を組み、人材輩出のための産学連携教育プログラムを開発・実施します。

3つ連繋

  • 未来に向けたリソースの共有

    高速鉄道/道路網が適度に発達し首都圏とも適度な距離関係から、単一県内にとらわれない、
    かつ、首都圏をとり込む思考を設定することで、集積化の概念を打破する。

  • 世界に通用する地域資源

    文化・歴史・食などの豊かな地域資源があり、地方創生の原動力である「移動」「交流」を生み出す。
    これからの地方創生にむけ、多様性を享受し発展する「文化」「伝統」へと、新たな連繋により創新していく。

  • 現状を突破するために必要な「知」の集結

    ー 新しいミカタで連携を創出し地域に貢献していく信州大学
    ー データを駆使することで未来を洞察する富山大学
    ー 多様な文化や価値観と共にグローカルに生き抜くマインドを醸成する金沢大学

3フェーズからなるENGINE教育プログラム

地域の「産」と「学」が連携し、持続可能な地域社会形成に向けた、
これからの「産学連繋教育」を実現

1:リテラシー強化フェーズ

データサイエンスなど、地域が求める人材のための素養を修得する。
グローカルな視点で地域全体を見つめ、潜在的な価値を発見するミカタを身に付ける。

2:キャリア形成フェーズ

地域企業で働く意義など、企業と学生の好循環のためのキャリア形成を図る。
キャリア形成イベント「しごとーく」なども含め、社会に関わり続ける力を身に付ける。

3:実践力強化フェーズ

企業課題解決型インターンシッププログラムを各地域企業と連携して実施
企業目線での評価も取り入れることで、将来に必要な能力を知り修得を目指す。

リテラシー強化フェーズやキャリア形成フェーズで養った力に専門的知識をプラスして、目の前の地域課題や
企業課題を題材に、様々な業種の企業と連携しながら課題解決を目指したプログラムを実践します。
データサイエンス力などを活用し課題解決に向けた戦略的な思考をフルに活用・実践します。

ENGINEサーティフィケートの発行

3大学(信州・富山・金沢)学長連名での
プログラム修了認定証を発行

外部連携100年企業創出プログラム
(リカレント教育プログラム)

地方創生の駆動力「ENGINE」により
地域産業の創新・再定義

人・財の好循環を生み出す

若者の地域定着につながる

3地域で展開する
キャリアプラットフォーム形成


自身が成長するための
「問い」を深化させ、新たな連繋創出へ

「大しごとーく」では、早い段階から企業・社会人の方々と接点を持つ機会で、将来ビジョンを具体的に描き学びの動機を高めることに繋がると考えています。大しごとーくで出会った企業とより深く話をし、インターンシップや地域・企業課題の解決策を考えるPBLや実践型インターンシップ・プログラムに繋げる「ネクスト・アクション」の機会として設定しています。

教育プログラムProgram

金沢大学における「ENGINE」の教育プログラムは、地域で働くことについて学ぶ2つの科目:3大学共同科目『地域のトップリーダーを繋ぐ』や課外活動『しごとーく/大しごとーく』、観光やまちづくりに関する専門科目、および自らのキャリアデザインにつながる3つのフェーズのプログラム科目で構成されています。

リテラシー強化フェーズでは、知識を得て理解するための基本的な技術を学びます。キャリア形成フェーズでは、地域で働く意味について考え、職業を通じた自己実現を図るプロセスを学びます。その上で、実践強化フェーズとして地域の現場における実際の仕事について体験します。

このプログラムは、観光やまちづくりの視点から地域の持続的な発展に貢献できる人材を養成するものです。認定要件となる規定の単位を修得し、プログラムを修了した者には修了証が授与されます。

3大学で繋がる、
企業・社会人と繋がる

Step1 知る・考える

3大学連携科目
「地域のトップリーダーを繋ぐ」

地域で活躍するトップリーダーの提言を、オンラインで繋ぐ3大学合同ワークショップを通じて深く理解し、地域社会の可能性と将来展望について考え、自らが地域創生人材として活躍するイメージを形成します。

Step2 交流する

課外活動:キャリア形成イベント

「しごとーく/大しごとーく」は、企業が実現をめざす活力ある地域づくりを理解し、企業人の挑戦を学ぶことを通じて自分が働くことをデザインするための交流型キャリア形成イベントです。

Step3 実践する

課題解決型のインターンシップ

実践の場は地域にこそあります。地域を活性化する課題や先進的事業にチャレンジする企業のリアルな課題を題材として、課題解決型インターンシップを実践します。

カリキュラムマップ(予定)

学生に期待すること

このプログラムでは、「学び」と「社会実践」を融合させたキャリア・デザインの支援を目指しています。近年、多様な働き方が展開される中、地域における即戦力としての人材への期待が高まっています。このプログラムを通じて主体的に学び、実践的な活動とともに自らの専門性を高め、その経験をもとに地域で活躍したい、そのような意識をもった学生の参加を期待しています。

scrap学生たちの活動記録

Teams参画大学

富山大学

富山大学が展開するENGINEプログラムは、モビリティ・エンゲ ージド産業(交通・観光・食・インフラ活用)分野における地域の持続的な発展に貢献できる人材を養成します。「地域課題解決型人材育成プログラム」と「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」を融合・発展させ、リテラシー強化、キャリア形成、実践力強化の3つのフェーズで構成されています。最大の特徴は、3年次に地域企業での課題解決型インターンシップを体験することです。地域が求める素養を身に付け,地域企業で働く意義など,自身のキャリア形成に取り組んでいきます。

信州大学

信州大学が実践するENGINEプログラムは、全学横断特別教育プログラムの5つのコースと連携し、地域の課題を魅力に捉えなおすデータサイエンスのための素養をはじめ、地域資源や魅力発見に向け、これまでの固定概念を打破する発想力、「ゼロ」から「イチ」を創り出すための創造力と実行力、自らの限界を伸ばしていく専門力、これらの力を他者との関係から修得するプログラムです。また、富山大学と金沢大学とも連携し、特定の地域にとらわれない思考や連携する力を身に付けていきます。

メッセージMessage

地方創生人材教育
プログラムリーダー
佐川 哲也

金沢大学と信州大学、富山大学が連携したこのENGINEプログラムは、県域を越えて学修を広げる新しい試みです。

この拡大された学修エリアでは、学生と学生、学生と教員、学生と企業が双方向に交流できます。企業は全国規模に事業を拡大して発展しています。地域課題の多くは日本中で共通しています。

3つの大学が繋がり、新たな学びのスタイルを模索するなかで、多様な可能性が広がっています。学生の皆さんを、このENGINEプログラムを活用した新しい繋がりの輪に招待します。

コロナウイルスの感染拡大は、大学における学修環境を飛躍的に発展させました。この教室を拡張したプログラムに参加して、新しい友人との関係を構築して、地域を変えるチカラを修得しましょう。

地方創生人材育成
コーディネーター
広瀬 一樹

実践の場は地域にこそある。今いる場所から一歩、地域へ踏み出すと、これまではなかった出会いや発見があるはず。私自身も学生時代、新しいつながりや経験の中で、ワクワク胸が踊ったことを覚えています。

ENGINEプログラムでは、石川・長野・富山の地域にある企業とのつながりの中で実践を通して学ぶことができます。企業課題にチャレンジする本格的なインターンシップ、地域のオモシロい大人と出会う場、仲間とのディスカッションを通して、地域と向き合います。

将来、地域を舞台にして活躍したい人、新たな出会いや環境を求めている人、『エンジン』をかけて、一緒に新しい挑戦を始めましょう。