「地域のトップリーダーを繋ぐ」第11回講義

7月4日(月)5限に第11回講義が行われました。

今回から信州大学による「交通」テーマの講義に突入しました。これまでと同様にグループワークを中心に講義が進められました。

グループワークでは事前課題でそれぞれが考えてきた地域交通に関する課題についてディスカッションを行いました。その中で、地方都市における道路幅の狭さや公共交通機関の不便さなどの意見が多く出されました。

また、富山県、金沢市、長野県の交通の現状についての説明も先生方からなされました。説明の最後には、今後は交通と他に何かのサービスを組み合わせて付加価値を生み出すことが求められることが強調されました。

講義の最後には、信州大学のMaaSゼミの紹介がなされました。

次回以降、外部講師をお呼びして地域の交通について考えを深めていきます。